デジタル一眼レフ初心者のレンズの選び方

デジタル一眼レフではレンズの選び方が重要ですが、特に初心者においてはカメラ本体の機能特徴も理解しながらの方がいいでしょう。



サイトトップ > デジタルカメラの種類

スポンサードリンク

デジタル一眼レフ初心者のレンズの選び方

デジタルカメラの種類


一般的に私たちがよく目にするデジカメはコンパクトデジタルカメラと呼ばれるものです価格もかなり安くなってきているので、当然ながらデジカメの中では最も普及しているタイプとなっています。


それでもタイプはいろいろあり、薄型や高倍率型、高性能レンズなど、用途や価格帯によってたくさんの種類が販売されています。


メリットは、とにかくコンパクトで持ち運びがしやすく、価格帯が1〜3万円程度と手頃で、取り扱いも容易で使いやすくなっています。デメリットは、撮像素子が小さく画質が劣る点と、その構造上広角撮影が苦手な点となっています。


これに対して最近話題が多くなっているのが、ミラーレス一眼カメラ(マイクロ一眼カメラ)と呼ばれるデジタルカメラです。


基本的に一眼レフカメラは、レンズを通した画像を反射鏡でファインダーに映す構造になっていますが、このタイプのカメラではコンパクトデジカメと少し似ていて、反射鏡が無く、その分コンパクトにできているカメラのことです。


もちろん、レンズを交換することはできるので、いってみればコンパクトカメラと一眼レフのメリットを合わせたハイブリッドカメラのような存在です。従って、高画質撮影をしたいけれど、本格的な一眼レフカメラにするには少し抵抗がある人が方向けの新しいポジションのカメラとなっています。


ただし、交換レンズのラインナップが一眼レフのように充実しておらず、液晶画面で撮影するので、バッテリーの消耗も多くなっています。


また、望遠レンズなどを用意すると、そんなにコンパクトでもなくなってしまいます。特に望遠撮影などに興味あるなら、やはり一眼レフカメラの方が、後々を考えるといいのかもしれません。


デジタル一眼レフ初心者のレンズの選び方